アニメ妖怪ウォッチ
シャドウサイド 第36話 感想

シャドウサイドクリスマス

これは、ケータが活躍した
世界から、30年後の物語。


妖怪探偵団の結成1周年記念を兼ねた
クリスマスパーティーをサプライズで
開催しようと、アキノリはひとり準備を進めていた。

さりげなくみんなを誘おうとする
アキノリだったが、なんと全員に断られてしまう。

気を取り直してアキノリが「うすらぬら」を
開いてみると、“人吊りモミの木”にまつわる投稿を発見。

no title

さっそく書き込み主に話を聞きに行ってみることにする。

彼によると、場所は駅前のクリスマスイルミネーション。
弟と一緒にツリーを見ていると、突然ツリーから
子どもの顔をした飾りが落ちてきて、
弟をツリーの中に引きずり込んでしまったという。

さらに、そのツリーからは不気味な歌が聞こえたらしい…。

正体を突き止めるため、アキノリはひとりで駅前に行ってみるが……!?


【【アニメ妖怪ウォッチ シャドウサイド】 第36話 感想 「シャドウサイドクリスマス」で妖怪探偵団1周年記念パーティー!】の続きを読む